Engadin
エンガディン地方

エンガディン地方は、スイス東部にあるグラウビュンデン州の南、イタリアやオーストリアとの国境にほど近い地域です。その魅力は、優雅なアルペン・リゾートとしての歴史を持つサン・モリッツと、その周辺に散りばめられた宝石のように点在する小さな村、湖のほとり、静寂の森などにあります。

「エンガディン=イン川の庭」という名のとおり、川沿いに開けた明るい谷には、年間を通して眩い陽射しが降りそそぎ、いくつもの清らかに輝く湖が横たわり、白く輝くベルニナアルプスの美しい山並みが広がります。さらには、スイス最古の言葉「ロマンシュ語」や、固有の伝統が残る緩やかな時間の流れはエンガディンの魅力のエッセンスとなっています。

 

19世紀より静かな山あいの村には世界中の文化人がインスピレーションを得るために滞在し、サン・モリッツの高級ホテルではセレブが余暇を楽しんできました。今もなおそれぞれの魅力は健在です。

小さな村では心と体を解放し、静かで穏やかな時間を過ごすことができる一方で、サンモリッツでは高級ホテルやショッピング、グルメやスパを満喫することができます。この対照的な過ごし方のどちらも叶えることが出来てしまう!それが、エンガディン地方の大きな魅力でもあるのでしょう。

 

知る人ぞ知るエンガディン地方は「アルプスの国の楽園」と言える魅力的な場所であり、自然界の「絶対美」と清らかな空気に抱かれて心身のリフレッシュとバワーが得られる素敵な場所です。

 

エンガディンは、まるで天国の箱庭のような場所。

優しく叡智に満ちたエンガディンの風がささやいている場所です。

エンガディンの10の魅力
#1
ハイジの世界とセレブの世界
対象的な世界のどちらも楽しむことが出来る「天国の箱庭」

エンガディンとは「イン川の庭」を意味し、

イン川沿いに開けた谷には燦々と降り注ぐ

陽射しと、澄んだ湖上を渡る爽快な風とが

シャンパン・エアとなり、まさに「天国の

箱庭」のような心地良さをつくっています。

夏には色鮮やかで愛くるしいアルプスの花々が咲き誇り、秋にはカラマツの森が黄金色に染まり、冬には清らかな白銀の世界となり、四季折々に異なる自然美を魅せてくれます。

エンガディンの中心都市であるサンモリッツはスイスの歴史あるアルペン・リゾート。

19世紀から世界中のセレブに愛され続ける

ラグジュアリー・ホテルではスイス流のおもてなしが受けられます。一方、周辺に点在する素朴な村々では自然に囲まれて癒しの時間を過ごせます

大人だから楽しい!エンガディンの冬

世界遺産 ベルニナエキスプレス
冬の満月の夜限定運行​「フォルモンドファーテン」
2019年運行日:1月18日、19日、2月18日、19日、3月20日、21日
スクリーンショット 2019-01-22 19.08.59.png
エンガディン地方へのアクセス
チューリヒ国際空港 = クール =  サンモリッツ(約3.5時間/レーティッシュ鉄道)
ツェルマット =  サンモリッツ(約8時間/氷河特急)
​ティラーノ =  サンモリッツ(約2.5時間/ベルニナ鉄道)
ルガーノ =  サンモリッツ(約4時間/パームエクスプレス)*ルガーノ =  ミラノ(約2時間/イタリア国鉄)
​グラウビュンデン州
​エンガディン地方

SILS TRAVEL​  シルストラベル

Tel : 050-5309-9581

E-mail : info-silstravel@jcom.zaq.ne.jp

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey YouTube Icon

当ホームページの文章及び画像の無断での引用・転載は禁止します。
Copyright(C) 2016 SILS TRAVEL All Rights Reserved.